健康

『アラフィフ』やる気がない時は無理をしない!!

めずらしく1週間以上、なんだかやる気が出なかった。 元々体育会系の海は、やる気が出ない時も無理やり動いてモチベーションを上げていた。 「モチベーションを上げる」というと聞こえはいいが、単に無理をしていただけである。 若い時はこの「無理」に心も…

アラフィフの体力と食欲

アメリカ東海岸の田舎町は暑い日が続いている。 2020年の夏は雨が多かったが、今年の6、7月はたまに雷雨はあるが昼間は晴天の日が多い。 日本程ではないが湿度も高く、農作業をしているアラフィフにはかなり堪える。 普段はあまり気が付かないが、食べること…

筋肉痛と肉体疲労は別物だった!!

子供の頃から体を動かすことが大好きで、特に中学、高校で部活をしていた頃は、筋肉痛が日常だった。 なんとなく、筋肉痛=肉体疲労だと感じていた。 48歳で肉体労働をしている今、毎日きちんと体のケアをするようになった。 元気に楽しく働くためには、体が…

ドーナッツ?砂糖の麻薬性(覚醒作用)

農場がいよいよ忙しくなってきた。 担当している仕事に加え、常に仕事が舞い込んでくるので毎日時間が足りない状態だ。 最近は10時間働くのは当たり前、12時間、13時間働く日もある。 どうしても自分の仕事が間に合わなくなってきたので、週末にも仕事に出て…

アラフィフ 超肉体疲労の回復術!!

仕事の休みの土曜日の朝、久しぶりに体が動かないほどの肉体疲労だった。 いつもならだいたい朝ヨガをするとスッキリするが、40分の緩めのヨガをしても全然体が言うことをきかない。 15年ほど前に友達からもらった青竹枕という、体を調整する枕で1時間ほ…

体質変わって花粉症???

コロナちゃんのおかげで去年から今まで、まったく風邪もひかず元気に過ごしている。 これは今まで習慣化していなかった手洗いうがいをきちんとするようになったからだと思っている。 洗剤で手を洗うと手が荒れるので、今まではほとんど水洗いのみ。 うがいは…

自分の限界に挑戦!!

なんだかアスリートのような生活になっている。 アスリートは365日休みはない。 1日でも自分の体のメンテナンスを怠ると、怪我に繋がる可能性が高いからだ。 海も今はそんな気分だ。 48歳の今、今までで一番キツイ肉体労働をしている。 10キロ、20キロのも…

痒みの原因を発見!!

スーパーで売っているお菓子を食べなくなって何ヶ月経つだろう? 最近は働く時間が長くなり、ちょっとリラックス時間が欲しくなりビールを飲む機会が多くなった。 多くなったと言っても、1〜2週間に1度くらいだが・・・ 久しぶりに夫の空にクラッカーとクリ…

アメリカの大学の研究 睡眠時間と食欲の関係

睡眠時間が短くなってから、食欲が旺盛になった気がする。 体重も増えてきたような・・・ こんな時はグーグル先生に聞いてみる。 すると「寝不足は食欲を25%増進させる」という記事を見つけた。 スタンフォード大学の調査で、睡眠時間が5時間グループと8…

ため息・・・その効果

「ため息をつくと幸せが逃げちゃうよ!!」 いつだったか?こんなことを言われて、ため息をつくことはあまり良くないと思っていた。 ため息は緊張をほぐしたり、リラックスするのにとても効果的らしい。 それでも海はあまりため息をつかない生活を心がけてい…

草むしりに最強 ヨガのポーズ

4月になってやっと暖かく、太陽が出る日が多くなってきた。 農場の仕事はだんだんと忙しく夏野菜の種まき、育った苗の植え付け、そして温室の中で育っている野菜たちの周りの草むしり。 野菜の成長と共に、雑草の成長も早い。 海の仕事は今のところ、月、火…

恐るべき 砂糖の高〜い依存性

「わかっちゃいるけどヤメられない」 砂糖は本当に恐ろしい。 1週間か10日ほどはヤメられるが、また食べだしてしまった。 大好きなチョコレートはもう1ヶ月以上食べていない。 1度食べだしたら、もっと、もっと、もっと・・・となるのがわかっているか…

素晴らしい妻???

昔から自分のことが大好きで、自分のことを褒めて生きてきた。 「褒められて伸びるタイプ」 叱られて、なにくそ根性で成長する人もいるらしいが、海の場合は褒められるとますます頑張り育つタイプだ。 「私って本当に素晴らしい妻だよね」 思わずこんな言葉…

朝ヨガはまるでエネルギー充電器

2020年6月から始めたヨガ。 ずっと興味があったが「ヨガはセレブ女子がやるもの」と勝手に思っていた。 興味を持ち始めた90年代はヨガやピラティスが流行し始めたような気がする。 やりたかったがちょっとへそ曲がりなので「みんながやっていることはやりた…

更年期障害 絶対にならないと決めた!!

「更年期障害」こんなことを考えるお年頃になってしまった。 どんなに若いと思っていても、体は老化していく。 でも長年乗り馴れた愛車のように、自分の体が愛おしい。 メンテナンスをきちんとすれば、きちんと答えてくれる。 2020年6月から始めたヨガ。 ヨ…

『医学不要論』 おすすめ本

夫の空は海と出会う前から健康に対して関心が高く、たくさんの本を持っている。 「本との出会いは一期一会」 日本に帰ると書店、古本屋さん巡りをしてたくさんの本を買ってくる。 買ったからといってすぐ読むわけじゃないので、最初のころは 「買っても読ま…

睡眠時間が短くても大丈夫になった訳

寝る子は育つ まさにそんな子供だった。 子供のころの就寝時間は午後8時、起床は6時。 だいたいこんな感じだったと思う。 いまだに夜更かしは苦手である。 少し前までは、睡眠時間は8時間から9時間は必要だった。 「本当によく寝るな〜」 いつも夫の空に…

手づくり 金時豆カイロ

夫の空は血糖値が高い。 それを教えてくれたのは彼の目だ。 計器飛行の免許を取るために健康診断をしたところ、視力がかなり落ちているのがわかった。 とりあえずは問題はないが、白内障、もしかしたら糖尿病網膜症もあるかもしれないということがわかった。…

手作り オートミールクッキー

オートミールを今まで食べたことも、食べたいと思ったこともなかった。 オートミールクッキーを作り出したキッカケは、グルテン反応だった。 夫の空の血糖値を下げる食生活を始めてから、ピザやパスタ、うどんやラーメンなどを食べるのをやめた。 麺が大好き…

スーパーの牛乳と牧場の牛乳

「海、ウォークインクーラーに入っている卵や牛乳など、好きなものを持って帰って良いよ」 農場のマネージャーのヘザーがオファーしてくれた。 普段は牛乳など買ったことはほとんどない。 夫の空が牛乳に弱く、すぐにお腹を壊してしまうから・・・ たまにク…

あれっ?慢性鼻炎が治っている?

20代のころ(東京に移り住んだ後)から慢性鼻炎だった。 花粉症ではなく、ダストや体温の急激な変化による鼻炎だった。 だから1年中鼻水を垂らしていた。 大好きな古本屋さんもしばらくいると、目が痒く鼻がむずむず・・・くしゃみと鼻水がとまらなかった。 …

間食をやめたら・・・腸内環境が整った!!

食事はすべて手作りで1日1食。 健康に関する本もたくさん読んで、食事のことや健康についての知識はけっこう豊富になってきた。 わかっちゃいるけどやめられない 2021年になったら・・・124年ぶり2月2日の節分になったら・・・春節になったら・・・ 間食…

朝の時間の使い方 パワーアップ!!

農業従事者の朝は早い。 仕事は7時から始まる。 毎朝起きるのは4時か、4時半だ。 起きてから瞑想をして、前の日の日記を書いて、それから食事の準備をする。 基本的に1日1食生活を送っているので、作るのは1食分だ。 夫の空の血糖値を下げる食生活をし…

家ヨガでリラックス

ヨガスタジオに行かなくなって、もうそろそろ1ヶ月になる。 日本でいうクラスター状態になり、3人のインストラクターと4人の生徒さんがコロナ感染者となった。 もうすでにコロナに感染した2人のインストラクターは2週間ほどで復活し、今まで通りクラス…

「感じる」を大切にする

先日、食後にものすごい睡魔に襲われてちょっと異常な感覚を覚えた。 調べた結果、2ヶ月以上食べなかったパスタのせいだということがわかった。 グルテンの仕業だった。 麺が大好き、ピザ、パスタが大好きなので、グルテンフリーの食生活は考えていなかった…

もうピザ、パスタが食べられない???

12月1日から夫、空の血糖値を下げる大作戦が始まり、食生活を大改善した。 それからピザ、パスタを1度も食べていない。 大好きなピッザリアのピザも食べてないな〜。 週末の土日だけは一緒にランチを食べられる。 そのほかの日は、たいていバラバラなの…

コロナのビッグウェーブが押し寄せてきた!!

去年までは本当に新型コロナウィルスはあるのか?と思っていたが、今年に入って周りで感染者が増えてきた。 2週間前には一緒に働いているメキシコ人の子、1週間前はやはり一緒に働いている人の息子、そして今週はヨガスタジオのオーナー2人。 身近でこん…

快復力を身につける!!

去年の暮れからあるお医者さんのオンラインサロンに入って勉強している。 このお医者さんは型破りな人で、一般的なことは一切言わない。 夫の空も海も、健康に関してはとても関心があり、たくさんの本を読んでいるが、読めば読むほど迷路の中に入ったような…

 ストレスと血糖値

とても順調に下がっている夫、空の血糖値がちょっと戻ってしまった。 もちろん生活スタイルと食生活を変える前に戻ったわけではないが・・・ 「どうしたの?今日は飛んできたのに元気がないね〜」 休みの初日、フライトスクールから帰ってきたのに元気がなか…

とうとう目の前まで来たコロナウィルス

武漢から発生した新型コロナウィルスはすでに1年も、世界中の人たちの生活や意識を変え続けている。 今まで海の周りにはこのウィルスにかかったという人を一人も見なかったので、本当に流行っているのか?と疑問さえ持っていた。 マスクの必要性の賛否はあ…